いまは、まだ、デフレでしょうか。

6月のCPI値が+0.4%(生鮮食品を除く消費者物価指数)が前年度比に対して、上昇をしたことを受けて、デフレを脱しつつあるという話をちらほらですが、見聞きするようになりました。ガソリンがリッター160円を超え、電力料金は高くなる一方なので、資源価格の高まりに応じて、物価もあがらざるを得ないと思われます。(良くない価格上昇ですけど、悪いインフレ)

ただ、現在の状態で、価格に上乗せすると販売量が落ち込む可能性が増すので、当面はいまの価格を保つかもしれません。原材料がじわじわと上がれば、製品の利益も減ることになり、結果としてすぐさま私たちの給与に反映されるかは、これまた微妙です。

企業や家計の購買が、積極的に消費行動に移らなければなりませんが、その前提として給与の上昇がありませんから、消費に向かうとはいえない感じがします。日銀が毎月大量の国債を購入(財政投融資とは誰も言わないけど)して、資金供給を続けているとのことですが、銀行口座に積み上がる一方で、市中に流れだす統計は見られないと見聞きします。

上場企業は金融機関から借り入れなくても数百兆円の内部留保があるといいます。この一部でも、社会にお金を回す方策があればとは思いますが、上手い手がないのかなと思います。そんななか、減税をするので、企業はファンドに投資をしましょうというニュースが、本日流れましたね。政府が、還流を促す政策を取ろうとしていると思われます。http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=7711100&e=taxation

銀行は不良債権の処理に公的資金を投入してもらった代わりに、金融庁の厳しい査定に従ったと言われます。その基準が厳格に残っているのでしょうか、銀行が独自に査定基準をもって対応することを認めますよという副総理の話も、お金の還流を意識された発言ではないかと思います。

これまで何十年と、いろいろと締め付けをして、やりくりをしてきたという内容から、全体的に少し見なおして、緩めようとしている雰囲気を感じとれます。たしかに、締め付けすぎますと、血の巡りも悪いですし、気持ちも萎縮して、なんとなくダメダメという流れになってしまいがちです。程度によるとは思いますが、少しくらいはやってみましょうかという雰囲気も、大切なのではないでしょうか。そういうニュースもちらほらと聴こえるようになってきたことは、なんとなく嬉しく思います。

これら一連の内容からしますと、まだデフレ下あるものの、ともかく、完全にデフレから抜け出していこう、そのために何をすべきだろうかという感じは伝わってきます。

わたしたちの中小企業にも、愛の手を。がんばろう、日本!


コメントを残す