ソフトウエアは国内で開発すべきか、オフショアで開発すべきか

2000年前後からオフショア開発は注目されだしました。最近のオフショアはどうなっているのでしょう。結果、アジアで行うことは当たり前になったと思います。2000年から換算をすると、10年経過をしてソフトウエア開発を、海外で行うことは当たり前のことになりました。

製造メーカの工場が海外に出て行ったのと同じように、開発現場も言語・コミュニケーションの壁と、開発品質の担保が出来る体制が組み上げることができれば、日本で開発製造する必要はなくなりました。世界にいる開発技術者を日本の単価のそれこそ10分の1で対応頂けるということであれば、国内開発を行う意味はありません(と、まずは言い切ってみます)。

需要と供給ですから、需要が供給をうわまわれば、単価は上昇しますし、その逆であれば単価は下がります。日本のエンジニアの単価は、グローバルの製造単価に見合った形でしか定義されないことになります。最近では、中国沿岸部の開発単価は、年々上昇をして、いま日本の若い方の単価に近づいてきているようにも感じます。さらに、国内地方のエンジニア単価は、東京の7-8割程度ですから、今度は海外に発注するよりも、地方のエンジニアに回したほうが良いという逆転現象すら、見られるようになってきました。

オフショア開発での日本のソフトウエア技術者の受難がここに見て取れます。下流工程におけるプログラム開発は、日本である必要がないため、技術者は上流に向かうしか道は残されていないことになります。そして、下流のプログラム製造現場を知らぬまま、技術仕様を固める技術者が増えていく傾向にあるようです。そうなると、今度はプログラムを書く経験がそもそもないまま、仕様だけを固めるということになりますから、それでいいのかとも思いますが、現実そういうことなので仕方ありません。

ソフト開発と引き合いに出されるのは、建設業です。建築家が、木材を調達して、現場釘を打つことはありません。建築家は、CAD図面を描くことができる能力で対価を頂くので、実際の現場で、誰が作り上げるかについては問題にならないと思います。

こういうことだと理解をしています。たとえば、画面と機能を一体にした仕様書を、正確に表わすことができる技術者が求められている。こうした流れのなか、いまの開発現場に入ってくる若手の技術者は、正直お気の毒という感じがします。この現実を目の当たりにすると、IT技術者、とくに開発現場を、目指したいと思うでしょうか。いつから、こんな状態になってしまったのか、その理由はあるのか、そして打開策はあるのかというのは、いずれ書いてみたいとは思います。正直、いろいろと問題をはらんでいます。こうした業界に特有な状態を理解して、業界全体がよりよくなる方向に向かうにはどうすべきかを考える時期にあると思っています。(派遣業の孫請け問題含めて、いいたいことはたくさんあります)


辻野晃一郎氏(ALEX株式会社社長兼CEO、前グーグル株式会社社長)のプレゼンテーションが勉強になる。

休日にネットサーフィンしていたら、
辻野晃一郎氏(ALEX株式会社社長兼CEO、前グーグル株式会社社長)の
プレゼンが、たいへん面白かったのでご紹介します。

以下プレゼン要旨をかいつまんで書きます。

デジタル家電の価格下落、
半年で50%落ちるビジネスとなってしまった。
ムーアの法則は、価格が落ちるというモデルの説明として見る
デジタル商品はコモディティ組み合わせなので、誰が作っても同じ。
2011年から貿易赤字国に転落。

あらゆることが再定義の段階にきている。
家電は、これまでの家電ではなくなった。クラウドと連携をする家電機器の再定義
(iOS, androidのクラウド時代のOSの上に成り立つ、変わってしまった)
SonyからAppleへ by スティーブ・ジョブズ
パーソナルコンピューティング→クラウド・コンピューティングへ

Google TV
TV Meets Web, Web Meets TV のI/Oコンファレンスの図
主役交代、序列が交代へITデバイスとしての車の再定義

Google無人走行車
全米30-40万キロ行わせ、良い結果をおさめることに成功
Google 無人走行車、公道へ

米国の行政の対応が早い、新しいものへの適用が早い。
ネット選挙の利用も早く、オバマもネット活用で大統領になったといえる
無人走行車は、ネバダ、フロリダ、カリフォルニア州で、走行許可を貰える

テスラ・モーターズとは
車の会社ではない、ITの会社だと見える。
シリコンバレーで作ったITの会社 イーロン・マスクCEO
スケールの大きな発想に巨額な資金がつくというダイナミズムがある。

Tesla Motorsの特徴

ITの人たちは、Speedy に実行する
日本の大企業ではディシジョンアクションのスピードが遅い
日本の製造業の強みは、垂直統合のすり合わせと言われ、大容量の電源の開発をすることから始めるわけです。しかし、ITの人たちの発想は、違っていて、動力源は、いまある小さなバッテリーセルを大量に使うソフトを開発する。
バッテリー制御のソフトをライセンスするビジネスモデルであるとか、
動くスマホなのでクラウドと連携をしてモデル化するかもしれない。ちょっと前に主役だった人は、完全に土俵から転げ落ちてしまって、
クラウド・コンピューティングの人たちがフロントにいる状態。グローバルインフラとしてのインターネットは、バーチャルな世界網という
意識が必要。クラウドのリアルタイム性を深く理解すること。

急速なグローバル化の進展
地球規模で考えないと解決できない、難問山積
日本人に軸足を置いてグローバルゼーションを語ってしまう傾向がある。

目線:マインドセットを変える
マインドセットを変える必要がある。
薄れゆく日本の存在

凋落する日本の国際競争力は、物凄く後退。

google 1998創業で世界を変える会社になった

Challenge
時代のメガトレンドを読んで、いい加減チャレンジしていくべきだ
戦後焦土とかした日本人は、輝かしい成功をものにした。
未知なもの、世界にチャレンジする日本人であるべきだ

過去の成功体験をリセットし新たな時代を創る
やらないことのリスクのほうが高い 製造業時代のメンタリティとは違う
グーグルのFind it / Fix it という呼びかけがある、機能させること
プロダクトに問題があったら全社的に金曜日1-3時まで全社でフィックスさせる
フットワークの良い、軽いパッチワークする

いまの日本に大切なこと
外貨を稼ぐというビジネス
21世紀型の新しい経済モデルを創出すること
クラウド・ネットのフル活用
→ いまは実はものすごいチャンスの時代である

日本をグローバル・プラットフォーマーになるということ
日本は職人気質なのでどうしてもプレイヤーに向かう傾向がある
EC/クラウドファウンディングが良い

Japan Expo in Paris, France
2000年から毎年来場者増加  20万人超える参加者
ポップカルチャー・日本の伝統文化

Alexcious 辻野さんの会社の紹介
工業製品以外の商品を世界に発信することをはじめた
日本UNISYSが支援をして下さることになった

EC は伸び続けている
日本 EC 8.5兆円 小売の3%に満たないが、成長している
米国 EC  20兆円  小売7%に満たない
ECはクロスボーダーで伸びる可能性がある

日本を外に出していく輸出型を狙う
世界に向けて挑戦する人を増やすためにクラウドファンディング
http://www.countdown-x.com
成長予測 米国はkickstar

米国のベンチャー投資額の推移
リスクマネーが潤沢に廻る 投資額3兆円
日本の投資額 1300億円程度
日本は全く回ってない現実

環境を変えるために、クラウドファンディングを創る
チャレンジャーの背中を押すことから、小さく初めてみる

アプローチの特徴
世界共通語としての英語展開→多言語展開
google, FB(11億人利用者)などのデファクトを活用
global主流のオンライン決済 paypal 活用
FBコマースを手段利用
動画投稿などのユーザ参加型を利用する

まとめ
混迷には理由にある。新しい秩序に移り変わる前夜。
低コストの公共インフラや無限コンピューティングパワーを最大限利用できる恵まれた時代
いま現在はクラウドへの移行期・クラウドのメリットを早く取り込んだ企業ほど有利。
いまはマーケティングもサイエンス。ネットやソーシャルグラフを駆使して効率良くビジネス展開

グーグル10の事実 http://www.google.co.jp/about/company/philosophy/
1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブでも民主主義は機能する。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

ソニーの設立趣意書の紹介

新しい時代の新しい経営スタイルへの転換
1.最初から世界市場へ
2.日本経済の新陳代謝を加速(ベンチャー育成。。。)
3.経営スタイル、企業カルチャー、ビジネス慣習の刷新
4.少数精鋭、パートナー重視
5.群衆の叡智の積極利用
6.20世紀型にならない
7.常識を疑う
8.10年早く、10倍早く
9.人にフォーカス
10.天真爛漫

イノベーションを生み出して支援する
人がやらないことをやる
人にやれと言われた仕事はしない
つねに自分自身のアジェンダを大切にする
リスクやピンチをチャンスと信じる
いろんな分野の多くの人とたくさん話しをする
肩書きで仕事をしない
一度始めたことを諦めない
合理性を越えたところに正解がある

Steve Jobs が残した言葉
坂本龍馬が残した言葉
アベノミクスによる起業機運の高まりを期待
東洋経済起業100のアイデア
日本の起業のしやすさ 107位という位置
若い人がきちっと育っていく土壌を創る
チェレンジャーを応援する 冷たくしない

Future  Next Exit ->

勉強になりますなあ。。。
こうしたマインドを私たちが持つようになれば、きっと日本は変わりますよね。


経済産業省 新現役交流会に参加させて頂くことになりました

日本の会社数について、大企業1万2千社(0.3%),その他中小企業は420万社(99.7%)、うち20名以下の会社は、367万社(全体87%)です。労働者数では、大企業の1230万人(31%)に対して、中小企業2784万人(69%)である。

このことから、日本企業数は、ほぼ100%近くが中小企業(社員数100-300名程度まで)から構成されている。簡単にいうと、1万社の大企業と、それ以下のものすごい数の中小企業群からなることが分かる。大企業は規模が大きく、1社あたりスタッフ数は大きくなり、3人に一人が大企業に所属するも、3人に二人は、こまごまとした企業に散らばって存在していることになる。これをイメージ化すると、大きな石の廻りの小さな飛沫という感じかもしれない。

私の会社も、この中小企業、とくに小企業の部類に位置するわけであるが、この小企業群の最大の課題の1つとして、販路の拡大がある。新製品を開発し、販路を確保し、販売につなげというサイクルがきちんとまわせない、あるいは、とてもまわしずらいということである。信用やブランドがまだない企業であるほど、いろいろなリソースに限りがあり、打ち手も限られくるのである。

大企業の製品は、原価1-2割で製造、さまざまな間接費用を差し引いても、3割近い利益を出せるようにビジネス設計がなされている。さらに潤沢な広告費を4マスメディアで大々的にPRをして、一般大衆に買って頂けるサイクルを廻せる状態にある。一方で、みずから創業をして、中小企業から這い上がり、さらに上場企業となって、さらに成長を遂げられる企業(前回ブログのソフトバンクのように)は、ものすごい小さな確率なのだろうと思う。

これらの構図に対して、中小企業がどう挑むのかが、経営課題そのものとなるわけであるが、この状態からして、簡単でないことが分かる。政府、経産省もこうした実情を理解した上で、こうした経営の課題に応えようとする動きが見られる。様々な支援やサービスの提供である。

今回は、経済産業省、関東経済産業局が、新現役人材交流会という制度を、はじめられたとのことで、信用金庫さんからお声がけを頂いた。ありがたい話である。

http://www.kanto.meti.go.jp/webmag/series/network/1206network.htm

新現役世代とは、大企業などで現役時代に培った高度な知識、豊富な経験、人脈などを駆使し、日本の中小企業の活性化のために役立てることを希望する人たちのことだそうです。現在8800名もの方が登録をされているそうです。一線を退いたとはいえ、まだお元気で力溢れる皆さまなのだと思います。

その昔、経営者の先輩に、上下の世代にかわいがられるようになりなさいと言われたことを思い出しました。上世代、下世代と密に連絡を取りあって、上からは引き上げられるように、下からはご支援頂けるような振る舞い、行動を取りなさいと言われたことを記憶しています。

まだまだ、力が足りておらず、いろいろな方にご迷惑をおかけしつつ、皆さまのご支援を頂きながら、すすめていかないといけません。今回、こうした勇気と元気の出る制度をご紹介くださいました信金の方には、心より感謝の意をあらわしたいですし、さらに頑張らなければと思いました。


孫正義氏の「世界に挑む」というテーマについて

ソフトバンクの孫社長は、日本で携帯3位の会社として戦っていましたが、米国の進出を果たされて、世界という大海原に出ていかれました。この7月に米国3位の携帯会社であるスプリント社の買収の成功をおさめ、世界3位の携帯会社となりました。この事実だけを見ると、本当に凄いことで、偉業達成という感じがします。

ソフトバンク資料

孫さんの言動には、学ぶところが多々あります。頭が千切れるほど考えぬくもそうですが、今回の発表でも、迷ったときには遠くを見よという言葉がありました。300年先を見据えて、手前の30年に落としこむ、その30年後に、企業がどうあるべきかによって、いまから行動していくというものです。ムーア法則から導き出される1チップ上のトランジスタが集積され、2018年には人間の脳を超える処理が1チップ上で行われると発表されました。(営業的なトークなので、技術的にどうのこうのを言うつもりは全くございません。)

コンピュータと人間の神経回路の動作原理は違うから、計算機が脳を超えることは、決してできないとか、人のように意識をもつことはないという科学者もいるとは思います。その一方で、神経回路網と同じ振る舞いを、脳の実行スピードよりも超高速に処理することができるようになるので、現時点での不可能な意志決定や学習を行ない、人間に親しい行動を取ることができる存在になるという科学者もいると思います。どちらが正解となるか、今後20,30年もすれば結果が得られそうですので、また自分が生存しているうちに、どちらかに軍配があがることが観て取れそうです。これは、愉しみです。

このまま推移すれば、人をアシストする存在になっているのは間違いがないような気がします。それは、いわゆるロボットという存在なのかもしれません。掃除、洗濯、物干し、買い物を日々行なってくれるハウスキーピングロボットが100万で販売されるようになり、一緒にマラソンして、ペース配分をしてくれるトレーナロボット松岡修造君、そして、ときにゴルフやテニスのお相手をしてくれるやタイガー・ウッズ君もできたりしてね。仮想のアイドル・タレントロボットが、あなたのお家で様々なサービスを提供してくれるかもしれませんね。またコンピュータや計算機は、ロボットと言う形にこだわらず、世界に溶け込んでいくのだと予想もあります。世界の知識を知って、人と台頭に会話する見た目は単なるデバイスなのかもしれません。

その昔、ソニーの盛田さんが、アメリカに進出されてその後のソニーを築かれた自伝を読んだことが思い出されます。日本の成長に限りがあるとか、少子高齢化で生産労働人口が激減していくなか、アジアの何十倍のマーケットに出たほうが、良いはずだとも言われ、それはその通りだと思うのですが、なかなかその一歩が出て行かないのも事実です。楽天の中国進出を諦めた事例や、グリーの世界プラットフォーム戦略も縮小のように、成功しているIT企業でも世界進出はそれほど簡単ではないことを物語っています。

私どもはドメスティックだ、ローカルだと言われようとも、まずはこの日本でビジネスを組み立てて、売り上げるという忠実なビジネスを行うことに集中すべきだと思っています。このICT業界の変遷は、他業種とくらべて激しいことも事実であり、数年で事業サイクルが変化していくから、どこかに偏りすぎないようにもしないといけないと思います。気づくとその波は自分の前をさ~と過ぎて、そのブームはもう終わったよになってしまわないように、注意が必要です。ただ上手く波にのれると、ものすごく楽しいのも事実なんだけどね。

今日は、ソフトバンクの世界進出のプレゼンテーションを聴いて、感じたところをあらわしてみました。


ゲリラ豪雨とスコールは、なにが違うのだろうか。

昨日の雨といい、とくにこの時期、集中的に数時間強烈に雨が降りますねえ。

ゲリラ豪雨という言葉も、認知されて、メディアではよく使われています。たしか、以前は、局地的多雨とか言っていたり、集中豪雨とも言っていたり。呼び名もいろいろあったように思います。

シンガポールのような亜熱帯では、それまで陽がさしていたかと思うと、突然バケツをひっくり返したような雨が降ることがあります。これは、スコールと呼ばれ、一般的には、たいへん短い時間で雨は降り止み、また陽がさします。このスコールの振り方とも似ていると思うのですが、ゲリラ豪雨はもう少し時間が長いような気がします。

夏場の午後都心でゲリラ豪雨が毎日降るとしたら、いろいろな意味で生産性を下げてしまうのではないかと心配します。14時ー17時くらいまでの3-4時間*5-10日の稼働が低下すると考えると、問題ではないかと思うのです。農地のゲリラ豪雨は、作物や土壌を荒らしてしまい、一瞬で土地を駄目にしてしまうため、かなり厄介な気候であるとも言えます。ただ、これも温暖化の結果だから仕方ないと言えばそれまでかもしれませんが。

最後に、ゲリラ豪雨って、なんだかマスコミが話題を集めるために作った言葉のような作為的なものも感じませんか。しかし、この言葉を聴いていると、なぜか嫌な響きを残します。

そろそろ、いまの日本人にしっくりとくる、言葉をつかいませんかとも思うのです。

午後は、多雨シャワーになる恐れがありますとか、今晩は激スコールの恐れがありますのように、表現をかえてもらえないかなと思うのは、私だけでしょうか。

ダメですか、多雨シャワー。。。日本語能力が低くてスミマセン。