新事業を立ち上げるには 3

少子高齢化の急速に進む日本では、新事業立ち上げが求められている。右下がりの成長しない日本モデルのなかで、今後5年、10年生き残るには、新しい産業を興すことが必要だ。成功モデルは、新興国にすぐさま真似をされる。コモディティ・ハードウエアが典型的で、価格があれよあれよと下がって、損益分岐をあっという間に下回る。これを日本人は痛いほど理解をさせられた20年だったのではないかと思う。新しい価値観に基づいたハードを文化として理解されないので、しんに受け入れらるまでに、時間と労力を要することはわかるが、それから逃げていては、新しい価値を創り出せない。

安心と安全を徹底してきた日本には本物の技術力がある。これの活かす先を見つからないのではなくて、どこに活路があるか見つけようとする鋭い眼が必要だと思う。おそらく、業種・業態のはざまに、その新しい眼が、育ちたいといまかいまかと待っていると思う。業種・業態の掛け算のなかに、ビジネスチャンスがあるわけであるが、ハードウエア、ITソフトウエアを使うことで、業種・業態を橋渡し役を実現することができる、もってこいの商品である。

ビジネスチャンスがどこにあるのか、業種業態のどこにそのチャンスが潜んでいるかを、わたしたちも、日々必死に探し回っている。技術の活かし方に商機ありということだが、それを時間軸を伴ったストーリとして提供できるかどうか。社会の規模が拡大し、グローバルになるほど、ひとの価値観は多様化するほど、それぞの気持ちや意識を包括して考えることが必要となる。結果として大きく勝つためには、このグランドデザイン・ストーリをどれだけ描くことができるかということなのだろう。


新規事業を立ち上げるには 2

異業種交流とは言葉の響きは一見良いものです。交流してお互いを理解し合って、次のステージを作り上げましょうという気持ちは理解。ただ、知り合ったはいいけど、はて、それで何をすればいいのでしたっけとならないように、注意が必要ですね。何をしたいのか、内なる意見を持っていなければと思います。数時間の異業種交流だけで、すぐにビジネスが立ち上がることは、まずありません。そこは、やはり、得意な分野を持った人同士、それを掛け算したときにさらに優位性が見つけだす工夫や努力が必要です。いわゆる、プロの人は、それを理解をして、誰と繋がれば、良い結果を出せるかを知っているようにも思います。

確かにコンセプトが斬新なモデルはありますが、それだけですとひと時の優位性は確保できても、資本投下力のある人たちに、すぐに真似をされてしまうことを恐れなければなりません。真似されにくい仕組み(技術・人でも)をどこかに入っていることは必須のようです。上位3位の会社でなければ、生き残れないということを投資家は知っています。

静かに、少しずつ成長しておいて、ある一定の市場規模を抑えることができることは、理想です。誰とどのように組んでそのビジネスを拡大するかを考えて協業先を選んでいく必要がありそうです。特に小さな会社の悩みの1つは、販路開拓です。取り扱ってくれる協業先が欲しい。全国に販売チャネルを持っている企業との協業は意味を持ちますが、当然粗利率の高い商品でなければ、代理店フィーを支払うことを考えると組む意味もなくなります。

当社は、その会社の課題を理解して、組むべき相手を連れてくるというご支援をしております。単に知り合ってから、悩みを深く共有をして、1つ1つ問題解決にあたり、結果を残すということを対応させて頂いております。